ブログ

徳本 一善TOKUMOTO KAZUYOSHI

  • ご職業

    駿河大学駅伝部監督 兼 モンテローザ所属長距離ランナー

  • 自己記録

    1500m:3分40秒40
    5000m:13分26秒19
    10000m:28分13秒23
    ハーフマラソン:1時間06分10秒
    マラソン:2時間15分55秒

  • 今までの戦歴

    2007年 東京マラソン 5位
    2006年 世界クロスカントリー福岡大会12km 35位
    2004年 日本選手権5000m 1位
    2003年 日本選手権5000m 1位
    2003年 全実業団対抗駅伝日本選手権5000m 6区区間賞
    2001年 日本学生選手権1500m/5000m 優勝(2種目とも)
    2001年 ユニバーシアード北京大会 3位
    > more

    2000年 東京箱根間往復大学駅伝 1位区間賞
    1998年 福岡国際クロスカントリージュニア8km 2位
    1996年 日本ジュニア1500m 優勝

広島県の美鈴が丘中学校から陸上を始め、中学3年生で全国大会に出場。
法政大学時代は箱根駅伝で2年時に1区区間賞、3年時には2区のラストスパートで駒澤大学の選手を振り切りトップで中継するなど活躍。
また、自身の代名詞といえるサングラスに派手な茶髪スタイルは、朴訥系の多い長距離界では特異なキャラクターとしてマスメディアが大きく取り上げ、「ビジュアル系ランナー」、「爆走王」などとして注目を浴びる。
現在はモンテローザに所属し現役ランナーを続行する一方、駿河台大学駅伝部監督に就任、指導者として新たなスタートを切った。
また、2012年からニューバランスとアドバイザリー契約を締結。
選手としてまた指導者として活躍が期待されるランナー。

日米野球!

14 11/20

DSC_01405515762e435468985a4250cde7ed20177599d63c.45.1.12.2

日米野球にメジャーからニューバランスと契約している選手が3人も出ているという事で見に行きました!

久しぶりに球場で見ましたが、迫力半端ないです

陸上競技もこれぐらいファンが集まれば走る選手も楽しいだろうなーとうらやましい目で選手を見てしまいました

それにしてもファンを魅了する見せ方をプロ野球選手は当たり前にやっているのだと痛感しました

すごかったです

ベルリンマラソン 

14 11/07

だいぶたちましたが過去の記事を投稿していきたいと思います
ベルリンマラソンに走ってきました!
IMG_0608

DSC_0094

1412144482945

まぁこんな感じで楽しんできました

いちをベストでしたがやはり後半10kmが課題でもう少しペースダウンを防ぐ事ができれば2時間12分台は切れると思います。

なんとか来年の東京で12分切りたいです

間近で世界記録見れたのでとりあえずよしとします!

夏合宿終了

14 09/17

wpid-1410602275606.jpg

駿河台大学 菅平 北海道 山形と全ての合宿が終わりました

たった1ヶ月で学生はたくましくなった気がします。

雰囲気が変わり、身体が変わり、意識が変わり、行動が変わる。

それを垣間みました。

チームとは何か?個人とは何か?厳しさとは何か?つくづく考えさせられます。

スポーツは楽しいものでないといけないと良くトップアスリートは言いますが楽しさとは何か?

を考えていかなくてはなりません。

トップアスリートの楽しさとは苦行を乗り越えることを言っているのだと思うのです。

限界を超えるきつさ、勝つために甘えを捨てる厳しさ、プレッシャーに悩み、孤独に耐え、目的を見失わない強さを得る。

それを乗り越える楽しさを知っているのではないかと思います。

うちの学生もこの4年間という短い学生生活の中であの時の厳しさに耐えられたのだから何でも一歩踏み出せると思えるような青春を送ってほしいなと思います。

おしゃれすぎる。ML72

14 08/27

IMG_0556

NBのライフスタイルシューズとトレイル型ミニマスの融合。

美しいです。

ライフスタイルでもトレーニングでも使えるこのシューズはまさに一石二鳥

いつもクロスカントリーのトレーニングで使っているのでぐちゃぐちゃですが

すこし砂を払って私服に着替えてもなんかかっこいいシューズなんでかなり気にいってます。

きょうから苫小牧合宿です!

最後に北海道マラソンという42km走が待っていますが調整なんてしません。

ガンガン走って挑むのみです。笑

北海道合宿

14 08/25

IMG_9752

IMG_9769

駿大選手一同これまでにないぐらい走っています。

指導して3年目ですが、一番私自身監督として、選手の甘さを心を鬼にして挑んでいます。

私自身の葛藤があり非常に苦しいのですが、ある意味選手と正面からぶつかってる証拠なのでとにかく乗り越えてくれと祈るばかりです。

とにかく今年の一年生が意識が高い!

チームというのはものすごく雰囲気が大事なのだとつくづく感じさせてくれる合宿になってます。

なかなか天気に恵まれませんが、雨にも負けず風にも負けず頑張っています。